価値のある着物〜着物のリサイクル方法について

アンティーク着物は高く売れる可能性も

家庭に眠っている着物はもしかしたらアンティークの着物としての価値があるかも知れません。
アンティークの着物をご存知でしょうか。単なるリサイクル着物ではなく昭和初期頃に作られた独特の味がある着物の事です。100年以上前の着物が当てはまり、この時代では生地の質や柄のデザインが今とは異なり、レトロな雰囲気を出しています。この頃には科学染料が無かったため、はっきりとした色は少なく淡く優しい色彩が多いのです。有名な着物でなくても価値がある可能性があり、一部のコレクターの方には人気のため買取を行なってもらうのもおススメです。意外な金額が付いて、まったく活用されなかった着物が高く売れたりします。
戦前の着物が今でも残っていることは非常に少なく、中には高価なアンティーク着物として売られている事もあります。その時代の仕立て方や素材などがあり、現在の着物とはパッと見ても明らかな違いが出ています。リサイクル着物とアンティーク着物は年代などで区別することが多く、リサイクル着物と言われているものは昭和半ば以降の着物となります。
家庭の中にまぎれている事もあり、眠っている着物があったら、アンティークの価値がわかる着物買取業者に持ち込むと良いです。

着物リサイクル関連サイト